通常のチャットGPTに、茨城県の行政情報や議会議事録400個以上を集中学習させています。
政策向上のために、政策の提案、議会質問案、答弁案、挨拶文の案を指示してみてください。AIが文章を作り、その引用元も表示するので、研究材料にしながら議会の政策活動を進められます。

下記のような内容を入力します。

①政策提案
・茨城県の森林の有効利用策を考えて
・茨城県における小学校のいじめ問題の対策を考えて
②議会質問のたたき台
・中小企業のデジタル化を進めるための質問を考えて
・納豆を活用した地産地消の推進に関する質問案
③議会の答弁案
・子育て世帯の件への移住を進めるための雇用創出の答弁案
④挨拶文案
・消防団の1月の出初式で、議員として、これまでの活躍をねぎらう挨拶を考えてください。

茨城県モード以外に、全国版モードもあります。こちらは、210自治体の公務員が月3万回利用している公務員AIマサルくんと同じエンジンで全国の国の行政情報が中心です。同じような使い方ができますが、茨城県の情報が薄い分、全国的な内容で回答をします。